屋上緑化って何?どんなメリットや注意点があるの?


屋上緑化のメリットとは

屋上緑化とは、屋上や屋根に花や木などの植物を植えることで、緑化することです。このことによりいくつかのメリットが得られます。

第一に、景観が良くなるということです。中には、屋上庭園を作り、そこを憩いの場所として利用している人もいます。

次に、建物内や周囲の気温が低下して居心地の良い空間づくりができることです。植物を建物の屋上に置くと、植物が光合成をするときの蒸発作用によって周囲の気温が下がるためです。東京都が2003年に実施した調査では驚くべき結果が出ています。緑化を行わない屋上の温度が55度となっていたのに対し、緑化を行った屋上では30度となり、過度に暑くなることを防げたのです。また室内の温度も1ー3度下がっていました。そのため、室内でクーラーを使う頻度が減ることで、電気代が下がり、環境にも良いとされています。

また自治体によっては、一定以上の面積の緑化を行った場合に、緑化のための助成金が支給される場合があります。

屋上緑化の際の注意点

屋上緑化を行う際に注意するべきポイントがいくつかあります。まず、重量です。国内の建物の場合、許容積載荷量が定められているためです。特に防水対策、特に水が屋根の下に落ちる工夫をしておかなければ実際の重量は大きくなりやすいです。また風対策も必要です。それは、風によって花びらや草などが周囲の家に落ちて地域の人に迷惑を与える場合があるためです。そのため植える植物の種類や場所を工夫していくことが大切になります。以上のようなポイントに注意しながら屋上緑化を行うことで多くのメリットが得られます。

屋上緑化をする場合、土を深く積みすぎないことや根を長く張る植物を植えないようにすることが大事です。屋上が植物と土の重さを耐えられるように気をつけましょう。