ローソファを購入する前に!知っておきたいメリットとデメリット


ローソファーのメリットは圧迫感がないこと

ローソファは背が低く、床に近いソファのことです。テレビなどが見えるように一般的なソファを部屋の真ん中に置いてしまうとパッと見で圧迫感があり、部屋が狭く感じてしまいます。しかしローソファは圧迫感を感じさせませんから、部屋を広く見せてくれます。床に近いので座る感覚が座椅子に近く、足を伸ばしてゆったりと座ることができますし、ごろん、と寝そべるのにも最適です。

また、小さい子供やペットがいる場合、遊んでいる時にソファから転落する危険性もありますが、ローソファならば地面に近いため転落の心配がありません。ソファでごろ寝している時についうとうとしてしまって、転がり落ちるということもありません。

ローソファのデメリットは高さ

ローソファのメリットでもある高さは、逆にデメリットになってしまうことがあります。一般的なテレビ台はソファで見ることを前提に作られているものが多いため、ローソファでは低すぎてテレビが見づらくなってしまうことがあります。テーブルも同様に高すぎてしまうことがあります。また、一般的なソファのように足がありませんので、掃除がしづらくなります。埃やゴミが貯まりやすくなりますので、定期的に動かして掃除を行った方が良いでしょう。

女性特有のデメリットとしては、ミニスカートを履いている場合にとっては座りにくいというものがあります。自室でならばローソファでも問題ないものであっても、誰かの家に行った時にローソファだった場合には、座るのをためらってしまう人もいます。

ローソファは、通常のソファに比べて低いソファとなっています。そのため、座りやすい設計となっておりくつろぎやすくなっています。