犬に洋服を着せるメリットは?本当に必要なの?


犬に洋服を着せるメリットってあるの?

街を歩いていると、可愛い洋服を着ている犬を見かけますね。それについては賛否両論だと思います。

「可愛ければ良いじゃない」と思う人もいれば、「飼い主の自己満足。犬が可哀想」と思う人もいるでしょう。

けれど、犬に洋服を着せている人は、ただオシャレの為に着せているだけというわけではないのです。

ドーベルマンやウィペットなど、超短毛種やヘアレスと呼ばれる毛のない犬の場合、真冬の防寒の為や、真夏の直射日光に当たらないようになど、服を着せるメリットがあります。また長毛種でもプードルなどの飾り毛だと防寒効果がない場合もあるのです。

また花粉などが肌に付着して起こるアレルギー皮膚炎から守ったり、散歩中に毛に草やゴミが絡まるのを防いだりできます。

雨の日にはレインコートを着せることによって、雨や泥の汚れを防ぐ事もでき、室内でも洋服を着せると抜け毛を散らさないという効果もあります。

犬に着せる洋服はどんなものが良いの?

洋服を着せるメリットはありますが、ただ闇雲に着せて、犬が嫌がっていると、それはただのストレスとなってしまいます。

まずは前足や後ろ足の邪魔にならないノースリーブから慣らしていきましょう。

服のサイズは小型犬・中型犬・大型犬で分かれたフリーサイズもありますが、犬のサイズで1cmの差は大きいです。フリーサイズでも大きかったり小さかったりします。

専門店にいくと各サイズがありますので、事前に「首回り」や「胴回り」「体高」と「体長」を測っていくといいでしょう。四本足で立たせて背中から地面までが「体高」で、胸からしっぽの付け根までが「体長」です。

そしてやはり着せるならオシャレに楽しく、毛の色に合う色を選んでコーディネートしてあげてくださいね。

犬の洋服の利点は何か。大きく分けて2つあります。1つ目は、寒い季節に愛犬の体を暖めることが出来ること。2つ目は、皮膚病の時、皮膚を舐める事を防げること。上手く活用すれば愛犬の健康を守ることができます。