ペットも歯が命!デンタルケアで歯の健康をキープしよう


デンタルケアは必須!

ペットもしっかりデンタルケアをしないと、歯周病になるという事をご存じですか?あるデータによると、3歳以上のワンちゃん・猫ちゃんの約80%が歯周病を発症しているそうです!歯周病になってしまうと、歯が抜ける・歯肉炎や口内炎を起こすリスクが高まります。口腔内の環境が悪くなる事で、食事が摂れなくなり最悪の場合死亡してしまうケースもあるんですよ!ペットの健康をキープするには、デンタルケアは必須と言えるでしょう。日常的には食後にブラッシングを行い、歯垢を落とす事が大切です。ただ、歯磨きを嫌がるペットは、かなり多いみたいですね。こんな時は動物病院でデンタルケアを、受けてみるのが良いかもしれません。

動物病院で受けられるデンタルケアとは?

動物病院では歯垢を落とすデンタルケアを行っています。人間の歯垢を落とす時と同じように、スケーラーという歯科器具を使ったり、超音波スケーリングで歯に付着した歯垢を落としていきます。「毎日ブラッシングをしているから大丈夫」と思っていても、磨き残しがあったりして以外と歯垢は落とし切れていません。なので、場合によっては動物病院でのデンタルケアが必要となるんですよ。動物病院では歯垢を落とすデンタルケアの際、無麻酔による歯垢除去か全身麻酔による歯垢除去、どちらかが行われます。クリニックによって麻酔を使うか使わないか違いがあるので、全身麻酔の負担が心配・・という場合は、まず相談してみましょう。日頃のデンタルケアに加え、動物病院での検診やデンタルケアをプラスすれば、より良い状態の口腔内を維持出来ます。

千葉の動物病院では、経験豊富な獣医師による的確な診療が行われているため、大切なペットの治療を安心して任せられます。