実際に体験して感じてみよう!壁面緑化の魅力!


壁面緑化=壁に植物を植えること。

「壁面緑化」というと何やら小難しいイメージが先行しそうですが、もっと肩の力を抜いて簡単に考えれば良いのです。壁面緑化とは「建物の壁に植物を植える」、ただそれだけのことです。灌漑設備などしっかり施工するのであればプロの業者にお願いしなければなりませんが、DIYでも十分に楽しむことができますよ。

やってみよう。DIYで壁面緑化。

では実際に自宅で壁面緑化を行う方法を考えてみましょう。まず一つ目に「ハンギング」という方法があります。ハンギングバスケットなどを壁にひっかける方法ですね。軽い鉢を壁にひっかけるだけですが、壁面に植物が設置されるのでこれも立派な「壁面緑化」と言えます。また、夏季によく見かける「グリーンカーテン」も壁面緑化の一つですね。窓辺にネットを張り、ゴーヤやヘチマ、朝顔などのツタ植物を這わせて直射日光を遮るもので、見た目にも涼し気なのが印象的ですね。特にゴーヤは成長も早く、収穫も楽しめるので一石二鳥ですよ。

壁面緑化のメリット・デメリット。

見た目に楽しい壁面緑化ですが、直射日光を遮ることで構造物を紫外線から守ったり、室温の温度上昇を抑える、植物の蒸散作用により周囲の気温を下げる、といった利点があります。反対にデメリットとしては、こまめなメンテナンスが必要になってくる点ですね。枯れてしまっては見るも無残な姿になるので、水やりは忘れないようにしましょう。また、植物が多ければ多いほど害虫がつくリスクが高くなります。虫が寄ってくるとご近所にも迷惑がかかるので、早めの対策を心がけましょう。

建物の壁を植物で覆うことで断熱や防音、保水力などの効果があり見た感じもよくなったりと壁面緑化にはいろいろなメリットがあります。